内臓調整ってなに?

内臓調整

内臓調整は、機能が落ちて弱っている内臓の働きを活発にする、という方法です。内臓調整というと内臓の位置を元に戻すというような気がしてしまいますが、決してそういう意味ではありません。

 

内臓調整ができるのは整体院などですが、整体というとどんなイメージがありますか?ぽきぽきと音を鳴らしながら、骨格を強制して筋肉の調整をするもの、と考えると思います。確かにそれも整体ですし、一般的な整体は内臓調整を行わないことが多いです。

 

でも、骨格や筋肉の調整をするだけでは不十分なこともあり、ぽっこりお腹が改善しない場合は、内臓の機能低下が考えられます。内臓の状態が良くないと、姿勢に影響する、ということは知っていますか?例えばですが、胃が悪くて機能が弱いという人は、胃を守りたいので自然と背中を丸める姿勢になりやすい、といいます。人間は本能的に自分を守るような姿勢をとってしまうのです。

 

内臓の疲れをとってあげよう

 

内臓調整で大事なことは、内臓の疲れをとって元気にさせてあげる、ということです。姿勢が悪くなれば内臓も悪くなっていく、と連鎖してしまうので、まずは姿勢を正すことが大切です。背筋を伸ばす、骨盤で座る、というような根本的な姿勢の正し方から始める必要があります。

 

どこの内臓が弱っているか、どこの内臓が影響しているかは自分自身で判断するのが難しいので、整体院などで状態を確認しながら調整できるといいですね。少しずつではありますが、しっかりと調整することで内臓の調子も上がっていくはずです。もちろん、自分でもできるだけ内臓に負担をかけない食事をするとか、そういった日頃から出来るケアはしてあげてください。毎日健康で過ごすためには内臓が元気でいないといけません。内臓が元気になれば自然と姿勢もよくなり、くびれも出来ていくでしょう。くびれが出来ないのは内臓の影響かもしれません。体型の乱れとともに姿勢が気になるという人は、くびれをゲットするために内臓調整をおすすめします。