筋トレ

MENU

筋トレ

筋トレは挫折しやすい?

管理栄養士の一言コラム

筋トレって、今まで何度か挑戦したことはあるけれど、どうしても長続きしなかった…という経験がある人も多いのではないでしょうか。確かに、筋トレは一部の筋肉に負荷が大きくかかりますし、普段から鍛えていない人にとっては辛くて苦しいものかもしれません。お腹に筋肉が少ない人は特に、1回腹筋をするだけでも大変ではないでしょうか。辛いことから逃げたいのは誰だって同じです。毎日辛くて苦しい筋トレを続けることができない…となると途中で挫折してしまいますね。筋肉痛も出始めると、余計に苦しくなってやる気がなくなってしまいます。

 

でも、挫折しない筋トレもあります。初心者でも始めやすく、より効果が出やすい方法を見つければ、長く続けられてウエストのくびれも手に入るでしょう。

 

斜めの腹筋でくびれを意識する

 

腹筋にも色々とありますが、おすすめしたいのが斜めの腹筋といわれる腹筋です。普通の腹筋は、まっすぐ前に向かって身体を持ち上げるものですが、斜めの腹筋は斜め右・斜め左へと身体を持ち上げます。みぞおちから腰に向かって横のラインの筋肉を鍛えることができるので、よりくびれに効果が高い筋トレとなっています。

 

座りながらもくびれのための筋トレができる?

 

もう一つおすすめしたい筋トレが、座りながらでもできる筋トレです。手を頭の上で組み、姿勢を正して上半身を左右にひねります。この時にしっかりと息を吐きながらひねって、少しキープ…それを繰り返します。ウエストをひねることってなかなかないものですが、意識してみるとその分筋肉が動いて鍛えられていきます。体幹を鍛えられるので、続ければ続けるほど、より引き締め効果も高まっていきます。

 

負荷が少なく日頃の生活の中で取り入れやすい筋トレなので、ぜひ今すぐにでも始めてくださいね。

 

筋トレは無理をしない

 

他にもくびれを作るための筋トレはいくつかありますが、最初は負荷を弱めにして、ある程度筋力がついたら負荷の強い筋トレに切り替えていきましょう。最初から頑張りすぎると辛くなって長続きしないので、まずは続けられる筋トレを意識してください。