骨盤矯正

骨盤ってどうして歪むの?

骨盤矯正

骨盤が歪む、開くなどといいますが…どうして歪んだり開いたりしてしまうのでしょうか?骨盤は日ごろの生活で歪みやすいです。脚を組んで座ることが多いなども影響していますし、女性は女性ホルモンの影響で骨盤が開いたり歪んだりしやすいといわれています。後天的なものがほとんどで、歪みや開きは整えようとしないと元に戻ることはありません。日頃から骨盤が歪んだら整える、ということをクセづけておかないと、骨盤の歪みや開きはどんどんひどくなってしまいます。

 

骨盤が歪んでいる?チェックしてみよう

 

自分の骨盤が今歪んでいるかどうか、チェックしてみてください。自分自身で歪んでいると感じるぐらいになっていると、相当歪みが発生しています。でも自分自身では気づかなくても、知らない間に歪んでいる人も多いです。自覚症状が出る前に気づくことで、早く治すこともできます。一度自分の骨盤が歪んでいないかどうか、チェックしてみてください。もし歪んでいるようであれば、早めに整えておきたいですね。

 

・身体に中心がわかるように仰向けに寝て、つま先を天井に向けて自然に足を延ばす
・中心に沿って足がV字にバランスよく開いていればOK
・どちらか一方の方が開きが大きい、どちらかへ傾いていると骨盤も歪むがある

 

こういったチェックで簡単に骨盤の歪みがわかります。

 

骨盤矯正ができる運動

 

骨盤はすぐに治るものではなく、一度歪んでしまってしばらく放置していた場合は、整うまでにどうしても時間がかかってしまいます。おすすめの運動をご紹介します!

 

@ タオルを畳んだ状態でまるめてロール状にし、膝の内側ではさむ
A 落とさないようにしてスクワットをする
B 15回から20回を1セット、1日1セット〜2セットぐらい続ける

 

膝を締めると骨盤も締まり、その状態で筋肉を鍛えることで骨盤の位置が固定されやすくなります。