ダイエット

ダイエットの基本、まずは食事

ダイエット

ダイエットの基本といわれているのが食事制限ですね。今まで好きなだけ好きな物を食べていた人は、節制する必要があります。栄養バランスを考えて、1日のカロリーを摂取しすぎないように調整します。

 

カロリーは摂取カロリーよりも消費カロリーが上回る状態をキープしましょう。摂取カロリーがオーバーしていくと、その分だけ脂肪となって蓄えられる、と考えてください。摂取カロリーが低ければ、脂肪が増えてしまうことはありません。

 

ただし、過度な食事制限は禁物です。食事制限をしすぎて栄養が不足すると、身体が危険を感じてしまってダイエットをストップさせようとします。少しの食事でたくさんの栄養を蓄えようとして太りやすい体質になってしまうので要注意です。

 

よくダイエットに成功してもリバウンドをする人っていますよね。それは食事制限をしすぎたことが原因となっています。

 

運動も取り入れよう

 

食事制限とともにダイエットの基本となるのが運動です。摂取カロリーと消費カロリーの関係をご紹介しましたが、運動をすることで消費カロリーを増やすことができます。その分体内に蓄えられている脂肪が燃やせるので、お腹周りについた脂肪も燃えていきます。

 

運動の種類は2種類、有酸素運動と無酸素運動があります。有酸素運動はウォーキングなどで、無酸素運動は筋トレなどが代表的です。運動を取り入れるといってもどちらもバランスよくが理想で、有酸素運動で代謝を上げて脂肪を燃やし、無酸素運動で筋肉を鍛えて消費カロリーを自然と上げることを意識しましょう。

 

内臓脂肪と皮下脂肪、どちらも減らしてスッキリお腹

 

お腹につく脂肪は内臓脂肪と皮下脂肪があるのですが、どちらも減らすことが大事です。内臓脂肪は全体的にお腹周りがぽっこりとしやすいのですが、皮下脂肪は下腹部に蓄積しやすいです。くびれている美しいウエストは内臓脂肪と皮下脂肪、どちらも落とさなくてはいけません。脂肪が落ちる順番は内臓脂肪からになるので、継続してダイエットを続けて、皮下脂肪もすっきり落ちてくれるように頑張りましょう。